海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

海外旅行が大好き!海外に恋して、お休みを使って年に1回行くことが人生で唯一の楽しみだった普通の女の子。27歳でついに転機が訪れた!フィリピンで語学留学、ニュージーランドワーキングホリデーへ。夢は「スケールの大きい人生を送ること」と、大好きな英語を使って世界で活躍できる女性になること。留学・ワーホリのこと、海外生活など書きます^^

【仕事探し事情②】「期待して待つのは時間の無駄」、日本人であることを誇りに持とう

こんにちは!昨日のつづき。

仕事探し事情 後編です。 

 
f:id:nami-k:20170914183959j:image

この間、New Brightonのビーチでお散歩しました^^ 


f:id:nami-k:20170914184025j:image

魔法陣グルグル(子どもの頃好きだったマンガ。知ってますか?笑)みたいな円陣に遭遇。

手前に杖付き。笑

懐かしいな〜と思いながら、魔法陣お絵かきしようかと思ったけど、勇気なかったよ。

  

------------------------------------------------------     

《仕事探しシリーズ》

【NZワーホリ】仕事探しどうしてる?経験談。せっかくの採用を蹴った話も。 - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

(昨日の記事→)【仕事探し事情①】ワーホリ初期こそ妥協しないで!ビザの有効期限、超重要(涙) - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

 

《私のワーホリをさらっとおさらい》

これまでのあらすじ。 - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

------------------------------------------------------   

 

1月〜6月中旬 オークランド

1週間ほど北島縦断旅をしながら南へ下り

6月末〜現在 クライストチャーチ

 

私のワーホリ有効期限は12月末まで。(正確に言うと1月1日。笑)

 

オークランドでの仕事を辞めて、

クライストチャーチに着いてから

(当時ワーホリ6ヶ月目。つまり残りの滞在期間は半年間。)

仕事探しをスタートしたわけです。

 

NZワーホリ中の仕事探し歴:計3回(2月、6月、8月)

 

------------------------------------------------------  

もくじ

①仕事探しにおいて、今だからこそ言えるのは

②「仕事見つかるかな…」という漠然とした不安について言えることは

③ワーホリ後半だって、冬だって、仕事は見つかる!

④ワーホリ6ヶ月目以降の仕事探しで言われたこと集

【今日はここから↓】

⑤ご参考までに。仕事探しの方法

⑥私の仕事探しの心得。笑

⑦「CVをただただ配ること」は意外と無駄にはならなかった話

⑧学歴なんて関係ない!経験重視。やる気重視。ビザの有効期限重視(涙)

日本人であることを誇りに持とう

------------------------------------------------------  

 

 

⑤ご参考までに。仕事探しの方法

 

・ネットで求人情報があれば、そこにメッセージを送って申請。

ニュージー大好きTrade Me など)

・フラットメイトや友達からの紹介。

(私もお世話になったフラットの方に仕事を紹介してもらったし、

友達(カフェで働いていたときの仲のよかった同僚)には仕事を紹介したことがあります。

「Namiの職場、求人募集してたら紹介してくれない?」って聞かれたから^^

だから、こんな風に友達にも紹介を頼むのもアリだな!と思いました。)

・お店に直接突撃訪問してCV手渡し。

 

ちなみに私は突撃派。笑

でも、すべて仕事探しでやった方法。

あらゆる手段がある!

  

 

 

⑥私の仕事探しの心得。笑

 

期待しない・待たない

 

突撃訪問したときに感じる

「店員さんの反応よかったしいけるかも!?」

という手応え。つまりは期待。

 

これに何度やられたことか。

返事を期待して待つことがどれだけ時間の無駄になったことか。

 

「面接するから後で連絡する」という、

あたかも必ず連絡をくれるような思わせぶりをくらったこともあったけど

いっさい連絡こなかったし。笑

 

人それぞれだと思うけど、私は仕事探しにおいて

「期待は時間の無駄」だと思っている(^^;

会社で営業の仕事をしてたときも、同じこと考えてたなぁ

と、会社員時代を少し思い出しました。笑

 

初めて仕事探しをしたときに学んだので

私の場合、確信が持てる場合を除いて

基本的には待たずにCV配りを再開する。

待っても最大1日です。(休憩も大事だしね!笑)

 

気にせずガンガンLet's move on!

 

 

 

⑦「CVをただただ配ること」は意外と無駄にはならなかった話

 

CVを配れば配るほど

「これって、意味あるのかな…」ってはじめは思っていました。

 

でも、これは意味がある行動だということに気付いたワーホリ初期。

 

仕事探しをされた方は経験あるかと思いますが、

 お店の人にCVを渡すとよく言われたのが

「オッケー!電話するね」です。笑

 

 

オークランドにいたとき、

断り文句だから電話なんてかかって来やしないと思いきや

なんと、2件のカフェから電話がきた。

 

そのお店にCVを配ったその3日後、5日後の朝のことだった。 

こんな奇跡もあります。笑

(ワーホリ初期は、その連絡をくれたカフェで運よく働けることになりました^^)

 

 

 

⑧学歴なんて関係ない!経験重視。やる気重視。ビザの有効期限重視(涙)

日本人であることを誇りに持とう

 

見られるのは、

ビザの有効期限やその職種の経験があるかどうか。

これまでの学歴なんてこっちでは関係ないし見られない。

 

でも、経験がなくてもやる気を買ってもらえる場合もある。

オークランドで働いていたカフェがそうでした。

前に日本人女性が働いてたらしく、その人がとっても仕事熱心だったんだとか。

 

だから、同じ日本出身の私に連絡したと言ってくれて

他のバリスタ経験ありのキウイを断ったとのことでした。

ちょっと感動した( ;  ; )

 (当時、ニュージーランドでの職歴がなかったから日本での職歴を書いていたんです。

だから日本人ってわかったみたい。)

 

バリスタの経験はないに等しかったけど、

”日本人はちゃんとやってくれる”というのを信じて連絡したんだ。

あなたもちゃんとやってくれそうだね。

というのを、上に書いた、電話をくれた2件のカフェ両方とも

面接をしたときに言われました。

 

だから、対面でやる気を見せるのも効果的だと思うし

”日本人”というのも意外とアピール力がある!?みたい。

これも、ワーホリ大先輩たちが頑張ったおかげ!って思った。

だから、あえての日本人アピール、意外と使えるかも。笑

  

------------------------------------------------------ 

  

最後に。

 

あんまり、日本、日本 て強調したくはないんだけど

そうなってしまった。

 

でも言いたいのは

日本人であることを誇りに思っていいんだということ。

 

日本は「仕事熱心」というイメージがある。

ニュージーランドに来てからいろいろな人に言われた。 

でも、日本でも外国でもみんな性格も異なるし

きっちりしてる人・ルーズな人 といろいろいる。

 

日本人への信頼が厚いのは

その日本人たちが彼らの前で努力してがんばったからだって思いました。

 

私も日本人代表になった気持ちで頑張ろうと思う^^

たった一人の存在で、その国のイメージって変わるからね!

 

 

そして

ワーホリ初期こそ、妥協しなくて本当によかった

カフェの仕事探し、あのとき諦めなくて本当によかったって思う。

(ワーホリ当初の目標の1つが「ローカルのカフェ」で働くことだったから)

 

先月仕事探しをまたし始めたときは

条件が厳しくて妥協はあったけど。涙

 

後悔はなし!

 

お読みいただきありがとうございました☺︎

 

f:id:nami-k:20170913211543j:image

  

《仕事探しシリーズ》

【NZワーホリ】仕事探しどうしてる?経験談。せっかくの採用を蹴った話も。 - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

【仕事探し事情①】ワーホリ初期こそ妥協しないで!ビザの有効期限、超重要(涙) - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ