海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

海外旅行が大好き!海外に恋して、お休みを使って年に1回行くことが人生で唯一の楽しみだった普通の女の子。27歳でついに転機が訪れた!フィリピンで語学留学、ニュージーランドワーキングホリデーへ。夢は「スケールの大きい人生を送ること」と、大好きな英語を使って世界で活躍できる女性になること。留学・ワーホリのこと、海外生活など書きます^^

オーストラリアにカムバック。まさかの展開。

こんにちは。

オーストラリアに戻ってきましたー!

 

日本を離れるときは家族が見送ってくれたのですが、

涙腺崩壊( ;  ; )

ちなみにカブルチャーに住んでた頃の

大好きだったシェアハウスを離れるときも泣きました。

(別れと良い言葉に弱い)

 

お別れってダメだ。。辛い!

でも、1ヶ月ぶりのオーストラリア

やっぱり居心地がいい!!最高です。

 

帰ってきた〜!ってルンルンで

到着時には一人だったにも関わらずにやけてしまった。(気持ち悪い)

 

 

 

私が次に選んだ地は、メルボルン

シティジョブ(レストラン、カフェなど)をしよう!!と。

 

f:id:nami-k:20180520135014j:image

 

大都市!素敵だったな〜。綺麗だったな〜。

 

f:id:nami-k:20180520135140j:image

 

はい、メルボルン、終了。笑

 

 

 

実は今、ゴールドコーストにいます!

 

f:id:nami-k:20180520135037j:image

 

さ、今度こそ、シティジョブーー!!! 

暖かいし大好きな海も近いし最高♡

 

f:id:nami-k:20180520135107j:image

 

と、思ったんだけど、

 

 

やっぱりやーめた。

 

 

 

カブルチャーに戻ります笑笑

 

 

 

メルボルン

最低でも2ヶ月は過ごそうと思っていたのですが

心境の変化があり、

 

ゴールドコーストでは

今度こそしばらく住もう、いっそのこと半年くらい住んじゃう〜?

なんて思っていたのですが

またまた心境の変化があり、笑

 

 

 

予定大変更!まさかの展開。

 

オーストラリアに戻ってくる飛行機の中では

こんなことになるなんて一切思っていませんでした。

 

 

ちなみにカブルチャーに戻ることを決めたのは5日前。

なんで???ってこっちの友達にたくさん聞かれたんだけど

ちゃんと理由はあります^^

 

長くなりそうだから、また書きます☺︎

 

日本にいる間は。大好きな人たちとの時間を大切にする

こんにちは。

最近の茨城(私の地元)とCaboolture(オーストラリアで住んでいた場所)の気温

そんなに変わらないかも。

朝晩はちょっと肌寒いけど、

皮膚が強くなったのか半袖で過ごすことが多くなりました。笑

 

 

 

日本に帰ってきてからは

ニュージーランドワーホリをする前と同様

会いたい人に会いに行く日々です。

 

↓↓よかったら合わせてお読みください☺︎

ニュージーランドワーホリ前に書いた記事(約1年半前)》 

日本にいる間にできること③大切な人たちとの時間を大切にすること - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

 

会いたい人に連絡して

会いたかった人から連絡が来て(連絡くれるの超うれしい!ありがとう( ;  ; ))

ひたすら会いに行く。

 

f:id:nami-k:20180423172819j:image

 

f:id:nami-k:20180423172834j:image

友達に会うたびにおいしいご飯も堪能する。ダブルで超幸せ。

 

 

先月まではほぼ空白だった私の4月の予定は

あっという間にいっぱいになりました。

忙しい!

 

ファームで長時間働いていたときも

めちゃくちゃ疲れていたときは多かったけど

 

最近はほぼ毎日1日中出かけていて

なぜかそのファーム時代よりも疲れが半端ないです。(遊び疲れ)

 

 

でも、楽しい。

 

久しぶりに会って、近況報告をし合って。

 

みんな1年以上ぶりに会うのに

なぜかそんなに久しぶりな気がしない。

なんでだろう?

 

 

ニュージーランドワーホリで出会った友達にも

こっちで再会しました^^

不思議な感じ。

 

 

 

出かけっぱなしだけど

家族との時間も大切にしなきゃな、と思います。

 

基本、実家では

母に頼りっぱなしで、家事も何もしてこなかった私ですが

 

次いつ日本に帰ってくるかが未定だから

”家族孝行をしよう”

と、帰国前から自分に誓いました。

 

 

晩ご飯を作ったり、洗濯をしたり

 

以前は全然言わなかった

”ありがとう”をたくさん言うようにしたり。

 

 

恥ずかしい話だけど

以前は、こんな当たり前のことを実家ではまったくしていなかった私です。

家事とか全然手伝わなかった^^;

 

 

やっとその当たり前のことができるようになりました。

自分からやろう!ってやっと思えるようになりました。

それが私なりの家族孝行。

 

他の人からしたら小さな家族孝行かもしれないけれど

からしたら、すごく大きな進歩!( ;  ; )

 

 

 

ワーホリに行ったこと、すごく大きいなぁ。

私、変わったなぁ。

って、よく思う。

 

 

 

家族や友達など、大切な人たちにはたくさん笑顔でいてほしいから

幸せをたくさん振り分けられる存在になりたい!

(一緒にいるだけでハッピーな気持ちになれるような存在になりたいのです。

家族や友人にとってそんな存在になれているのかはわかりませんが^^;)

 

 

 

だから、大好きな人たちには

 

たくさん笑って

たくさん”ありがとう”を言おうと思う!

 

私がワーホリで学んだこともたくさん伝えたい。

 

それを通して家族や友達に夢や希望を与えたい!

それが日本にいるこの限られた日々の中でやりたいことでもある。

今の私ならできるはず。

 

今の私なら、

目指す方向は違ったとしても

みんなの夢を後押しできる・勇気付けられると思うから。

前の私に比べたら、そんな存在に近づけているような気がするよ。

だといいな〜。

 

 

 

日本にいる時間も少なくなってきましたが

大切な人たちとの時間をまだまだたっぷり堪能します!

 

お読みいただきありがとうございました。

ではまた^^

 

帰国して思うこと。オーストラリアにいるときの自分 VS 日本にいるときの自分

こんにちは。

英語を話したーい!日本にいるから日本語しか使わない。

やっぱり英語話すの好きだなぁ。

 

f:id:nami-k:20180420173932j:image

日本に到着直後。

 

f:id:nami-k:20180420173958j:image

たい焼き大好き。久しぶりに食べました。 

 

 

帰国してからというと、

夢から覚めたようにオーストラリアにいたときと違う毎日を送っています。

今日は帰国して感じたことについて書きますね☺︎ 

 

 

 

日本に帰ってきてからというと…

違和感だらけ!

あれー…?って思うことが多くて。

 

どういうことかというと…?

 

 

 

日本にいたときは歩くペースが速かった。

東京に住んでいたのもあり、いつも慌ただしかった。

周りもせかせかしていた。

いつも周りの人の反応や視線を気にしていた。

 

ワーホリ中は

ニュージーランドの人もオーストラリアの人も

焦って走っている人なんて全然見かけなくて

みんなとにかくマイペースだから

 

私もそれに染まって、歩くのもすごく遅くなったし

すごくマイペースで自己中で、周りのことなんてあまり気にしなくなった。

 

帰国したら

また周りに染まり

歩くペースがまた速くなった。

(ビジネスマンが多い環境にいることが多いというのもある)

 

 

 

オーストラリアでは鼻歌を歌いながら歩き

周りなんて気にせず

イヤホンをしないで音楽をかけて働いたり 散歩したり

(日本人らしき人とすれ違うとピタッと止めてしまう笑)

 

電車の中でもイヤホンを忘れたときは

音楽聴きながらブリスベンまで行きたかったから

そのままイヤホンなしで音楽流して聞いたり笑

 

 

オーストラリアでは 

とにかく、わがまま、自己中に過ごしていました。

でも、それがすごく楽で。

 

 

 

日本にいると

やっぱり周りの目が気になる。

 

 

 

オーストラリアではほぼ毎日すっぴんで過ごしてたのに

今は予定がたくさんあるというのもあり

ほぼ毎日メイクをしている。

オーストラリアではバッチリ メイクをしている方が小っ恥ずかしかったのに

日本ではすっぴんの方がちょっと恥ずかしく感じてしまう。

 

 

あっちでは服装も適当だったのに

今は行き先は東京が多いから、きっちりした服装で出かけている。

 

 

とにかく、オーストラリアでは何もかも適当だった。

けど、出かけるときはちゃんとおしゃれして

オンとオフのメリハリはあったかもしれないけれど。

 

 

 

オーストラリアの常識が日本では非常識

日本の常識がオーストラリアの非常識

 

それを感じることは多々ある。

 

 

 

友達との会話もそう。

年齢的なこともあり

(あ、そういえば29歳になりました)

 

話題は

結婚 子ども 保険 老後のこと笑 不満

など。

 

会話に全然ついていけなかった。。

確かに日本にいたときは

見えない未来をたくさん悩んでいたな。

 

 

ワーホリ中に出会った人たちと

そんな会話したことあったっけ?

結婚くらいかなぁ。

 

いつもくだらない話

現実的で真面目な話・先過ぎる未来のことなんてどうでもよくて

 

ワクワクする近い未来の話や妄想話(笑)

とにかく楽しい話ばかりしていた!

 

 

オーストラリアで住んでたシェアハウスのハウスメイトたちとなんて

深い話なんてしなかった。

みんな先のことなんて、何も考えてなかった。

 

「ファームが終わったら何するの?」って聞いたら

「わかんなーい♩」「特に決めてなーい♩」

って人が多かったし。笑

 

毎日UNOとかトランプとかして

たまにホームパーティーしては馬鹿騒ぎしてばっかりだったし笑笑

 

それが楽しくて幸せで心地よくて。

 

「先のことなんてわかんない!」

それでもいいんだって思えた。 

誰にあれこれ何を言われたって、考えたり決めるのは自分の自由だし。

 

 

ワーホリ中に出会った人たちは日本人でも誰でも、

過去のことをくよくよ悩まない

前を向いている人がすごく多くて

 

愚痴や不満をこぼすことはあっても

ポジティブな人が多くて。

あっけらかんとしている人が多くて。

 

私も、日本にいたときよりもあっけらかんとしているし

今思うと前はかなり神経質な性格だったけど笑

それはかなりゆるくなったし。

 

 

 

人って変わるものですね。

周りの人や環境によって。

 

今の自分が好き。

でも、日本にいる自分は別人みたいに感じることが多々ある。

無意識に?わがまま自己中な本当の自分を抑えている。

(抑えきれていないときもあるけれど笑)

あ、でもオーストラリアにいたときも

日本人の目の前ではなぜかそうなってしまうことが多かったな^^;

 

 

 

オーストラリアにいるときの自分が好きだ!!

 

 

f:id:nami-k:20180420173735j:image

すっぴんです。遠出したってすっぴん率高かったな。

この写真を見て、ばばあになったな…と悲しくなりました笑

 

 

日本でもそのままの自分でいればいい話なんだけど、

上記に書いたイヤホンなしで音楽を聴く〜っていうのを

日本でやると白い目で見られるんじゃないか

って、やっぱり気にしてしまうんですよね。

うん、普通に迷惑だ笑

 

 

 

オーストラリアの常識が日本では非常識

日本の常識がオーストラリアの非常識

 

 

 

国によって大切にしていることってやっぱり違う。

考え方とかコミュニケーションの取り方とか。

その文化に合う合わないってある。

 

オーストラリアの常識の方が私には合っている…?

おいおいオージー(笑)って思うことはたまにあるけど、

オーストラリアの文化、好きです。

 

 

 

日本で会いたい人はまだまだたくさんいるんだけど…

早く、オーストラリアに戻りたい!!! 

 

それが本音。

 

 

 

また更新します!

お読みいただきありがとうございました☺︎

 

帰国前まで、オーストラリアで5ヶ月間やってきたこと。ファームライフ!

こんにちは。

今日は私が今回帰国するまでのこの5ヶ月間

オーストラリアワーホリでやってきたことをお話します☺︎

 

それは

初めての ファームライフ!!

ブログで何度もファームについて書いてますが。笑

 

f:id:nami-k:20180419160112j:image

 こんな格好で毎日泥んこになりながら仕事していました。

 

 

ニュージーランドでは

都市移動、引越し多数、転職多数

と、なんだかんだ行動も出会いや別れも忙しく激しく多くて。

刺激を求めて新天地へ行くことを繰り返していたけど

居心地のいい場所を泣く泣く離れるというのが、けっこう辛かった。

そして疲れた。笑

 

 

 

というわけで、

ちょっとお疲れ気味だった私は…

 

オーストラリアでは

もうちょっと楽してもいいかな(笑)

居心地のいい場所があれば、

場所を変えずにずっとそこで楽しく過ごすのもありかな

 

なんて思って、

オーストラリアでは ラクしよう

と思ったわけです。

 

私の言うラクとは

家探しや引越し・仕事探しの回数を減らすということです。 

自分への負担を減らそうと。

 

 

 

ニュージーランドからオーストラリアへ直接入国して

帰国するまでやっていたこと。

それはCabooltureでファームジョブ。

 

前にも書いたけれど

ファームは全然ラクな仕事ではありませんでした。

(それは想像していたから、ファームでラクはまったく期待してなかった。)

 

仕事のタイプによっては、作業自体は超簡単。

ただ、体力勝負・精神勝負

 

つまり、自分との戦い!!

でした。毎日。笑

 

そんな感じでファームライフがスタート。

 

 

 

さらっと5ヶ月間をおさらい。

前に書いた記事とちょっと重複しています(>_<)

 

2017年11月オーストラリアへ入国後、早速ファームジョブスタート。

 ・玉ねぎピッキング(収穫)

1番辛かった仕事。力仕事だった。腰痛かった。

週2日働いて計4日たったところで「終了」を告げられる。笑

 

2017年11月末〜2018年3月上旬

ラズベリーピッキング(収穫)、パッキング(箱詰め)、カッティング(木カット)

玉ねぎに比べて超簡単。

ただ、最初の2ヶ月間はラズベリーがたくさん取れるハイシーズンで

勤務時間がとてつもなく長かった( ;  ; )

 

働き始めて1,2週間後、突然パッキング(パッカー(箱詰めする人))に指名されるも

細かい作業が嫌いでパッキングは1ヶ月で断念。

またピッカー(収穫する人)メインとなる。

 

2月に入りラズベリー激減。笑

ピッキングは3月上旬に終わり、

ラズベリーファームでの最後の2日間はカッティングのお仕事。

ひたすらラズベリーの木を切るだけ。

これがけっこう力仕事でけっこう大変な仕事だった。。

腕は傷だらけ。

 

玉ねぎピッキングに比べたら全然ましだったけど、

「もうやりたくない!本当に無理!!( ;  ; )」と

ハウスメイトにも珍しく弱音を吐き

 

限界に達しかけていたところでカッティングの仕事は即終了。

救われた!

f:id:nami-k:20180419160240j:image

 甘くて大好きだった(つまみ食いした)ゴールデンラズベリーさん。

 

2018年3月中旬〜4月初旬(帰国前)

・いちごディギング(古いいちごの苗を綺麗に刈り取る作業)、プランティング(苗植え)、カッティング(葉カット)

カッティングはハサミ、

その他はT字の形の道具を使って作業をしたのですがけっこうきつい。

作業自体は超簡単。

何が辛いかって… 腰!! 

ディギングはたったの数日間、カッティングは1日だけ。

帰国前の最後の約1ヶ月間はプランティングをメインにやっていました。

f:id:nami-k:20180419160311j:image

 毎日中腰でさ、10時間近く働いた日もあったよね。hahaha...

 

 

飽きっぽい私にしては長続きしたファームライフ。

当初は5ヶ月間ファームで働くと思わなかったな。

 

でも、その間に1度も引越しや仕事探しはしなかったし

自分にとってのラクはできました。

あぁ、引越しも転職もないって、本当にラク!♡

 

 

セカンドビザを取るための88日以上勤務が達成したら

とっととCabooltureを出よう!って当初は思ってたけど

 

今回の帰国が決まって

思ったよりも貯金ができなくて移動しずらかったというのもあるけど

移動が面倒だったのもあるけど笑

最終的にはずっとここにいたいと思えるまでになったので。

 

 

 

辛かったけど、楽しかったな、ファーム生活。

帰国が近づくに連れて楽しさは右肩上がりになっていました。

 

シェアハウスのハウスメイトたちとずっと同じファームで

一緒に働いていたんだけど彼らが大好きで

 

ずっとくだらない話をしながら

たくさん笑って楽しく仕事ができたから^^

 

この生活が気に入ってしまって、

また彼らのようないい仲間に出会えるなら

またファームで働きたいな〜なんて思っています。 

(また一緒に住みたい!一緒に働きたいよー!っていうのが本音。)

共同生活がこんなにも楽しいなんて。仲間に恵まれた。

 

ファームでの仕事、きついけど

切磋琢磨してみんなと働くのがまた楽しいし。

 

 

 

とりあえず、めでたくファームで105日間勤務しました!

頑張った〜(T ^ T)

 

セカンドビザ、条件達成!!

の はずなんだけど

 

未だにコントラクター(ワーホリの人にファーム仕事を紹介・契約する人)から

それに関する通知何もなし!笑

 

後からメールで送ると言われたものの…

そろそろ連絡して聞いてみようと思います^^;

 

 

 

今日はこの辺で。

お読みいただきありがとうございました☺︎

 

一時帰国。最高に幸せな日々を送っていました。

こんにちは。かなりお久しぶりです。

私は元気です☺︎

 

実は、日本に帰ってきました!

 

f:id:nami-k:20180418160816j:image

JALの飛行機を見て、帰国を実感した瞬間の1枚。

 

 

2016年12月31日

ニュージーランドワーホリをするために

日本を飛び出して

 

当初はそのワーホリ1年で日本に帰るつもりが

オーストラリアワーホリに行くことになって

早 約1年4ヶ月。

 

 

まさか1年以上、

海外で過ごすことになろうとは思いませんでした。

 

ニュージーランドで永住しちゃうかなぁ?とか

ワークビザ取得して日本に帰らずそのまま住んじゃうかな?とか

 

一時期そういう願望(いや、妄想。笑)はあったけど

でも結局は1年後日本に帰るのかな?

日本に帰ったら私は何をするんだろう?って思ってた当初。

 

思っていたのとまったく違う未来になりました。びっくり。

そんなことってありませんか?

 

 

 

オーストラリアへ行ってからも

たくさんのドラマがあって

いろいろあって

毎日毎日を大切にしようって思い始めて

 

帰国日が近づいてきて、

明日の自分が明日を後悔しないために

「明日があるから」という考え方をやめよう

「今をもっと大切にしよう」って思って

 

たくさんの良い仲間にも出会えて

彼らとの時間を大切にしようと

ブログ更新を諦めました!(言い訳。笑)

 

とにかくいろいろあったんです。

その”いろいろ”はこれからブログに書いていきますね。

 

このオーストラリアでの5ヶ月間は、

私の人生の中で最高に幸せな日々でした。

 

 

 

今回は一時帰国。

1ヶ月間日本でゆっくりして

来月はまたオーストラリアへ戻ります^^

 

また更新します!