海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

海外旅行が大好き!海外に恋して、お休みを使って年に1回行くことが人生で唯一の楽しみだった普通の女の子。27歳でついに転機が訪れた!フィリピンで語学留学、ニュージーランドワーキングホリデーへ。夢は「スケールの大きい人生を送ること」と、大好きな英語を使って世界で活躍できる女性になること。留学・ワーホリのこと、海外生活など書きます^^

オーストラリアに来て丸1年。今後の予定

かなりお久しぶりです!!私は元気です。

 

毎日ファームの仕事で疲れて

数少ない貴重な休みの日は遊んでたりで

ブログ、だいぶサボっておりました。

 

4ヶ月住んだバンダバーグを離れて

ただ今、シドニーに来てますー!

 

f:id:nami-k:20181102103705j:image

 

f:id:nami-k:20181102103730j:image

シドニーといえば、オペラハウスとハーバーブリッジ

 

 

昨年の11月にオーストラリアに来て

もうすぐ丸1年。

 

セカンドワーホリをすることに決めました!!

(オーストラリアは、条件を満たせば最大2年間ワーホリができます。)

 

 

まだ29歳。私は来年の3月でついに30歳になります。

ギリギリまで まだまだワーホリしますよー!

(ワーホリは31歳の誕生日前まで申請可能です。※国による)

 

応援よろしくお願いします!笑

 

 

 

セカンドワーホリをすることを決めたのはとっくに前で、

セカンドワーホリビザは2ヶ月前に申請していたのだけど

 

実はまだビザは降りていません。涙

ずっと待ってます。

 

ただ、その結果がわかるまでは

ブリッジングビザ(セカンドビザが降りるまでの橋渡しで、そのままオーストラリアに滞在できる)が降りるみたいだから

《詳しくはこちらを引用↓↓↓》

www.aswho.com

 

ワーホリ1年目のビザが切れても 大丈夫!

まだ日本に帰りたくないよ〜。

 

 

 

そして、気に入ってしまったファーム生活

なんだかんだ約1年間やりまして 一旦ピリオド。

 

またやるかもしれないし

やらないかもしれないし

 

予定は未定。

 

こんなに続けると思わなかったな〜。

 

f:id:nami-k:20181102104123j:image

インスタグラムでファーム生活の写真など載せています。

覗いてみてください〜^^フォローも大歓迎です!

《アカウント:nami.1989 》

 

 

 

今後は、

いろいろありましてメルボルンにまた行くことになりました。

 

シティジョブ(レストランやカフェを考え中)に挑戦する予定!

今度こそ!!笑

(今年の5月にシティジョブをするためにメルボルンに行ったものの

寒さややる気のなさで断念していたこの私。)

 

シティジョブは、ファームと違った経験値を得られると思うから。

またメルボルンに戻ることになるなんて 思わなかったな〜。

 

 

 

というわけで、オーストラリア2年目は

まったく違う1年を過ごしたいと思います!

(セカンドビザが降りたらね)

 

来年、ビザが切れる前に日本に一時帰国する予定だから

(セカンドビザが降りたらね)

また予定は変わるでしょう。

 

ビザが降りたらまた報告します^^

 

 

 

今日はこの辺で☺︎

お読みいただきありがとうございました!

 

英語でできるようになったこと。振り返ると、、確実に成長してる!!

こんにちは。

今日は大切な友人の誕生日!この後、お祝いに行ってきます☺︎


f:id:nami-k:20180905142612j:image
ファームで集合写真^^日本人の友人の最終出勤日!

 

 

ニュージーランドワーホリと

今のオーストラリアワーホリを合わせたら

海外生活はもう約1年9ヶ月になるんだけど、

英語はまだまだペラペラではなくって。

 

日本に帰ったとき(今年の4月)

友人たちに「英語どのくらいできるようになった?」って

よく聞かれました。

もうペラペラでしょ〜?とか 笑

 

そういえば、昨年

ニュージーランドにいたときにこんな記事も書いていました。

《ご参考までに↓↓↓》

海外に住んでいれば英語がペラペラになるってもんじゃない - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

 

 

英語が上手く話せなくて

自信をなくしたり、落ち込んだり、悔しくなったりすることは

今でもよくあります。

 

でも、、日本にいた頃に比べたら

できるようになったことが確実に増えている!

 

みなさんはどうですか? 

一緒に振り返ってみましょう!

 

 

 

・電話でのやり取りが抵抗なくできるようになった。レストランなどの電話予約も。

 

・電話でも相手の言っていることがほぼわかるようになった

(会社員だった頃、英語で電話対応をしなければならないことがたまにあって、

それが本当に苦手でした。しかもインド人、インドなまりの英語^^;

対面だとジェスチャーで何とかなるけど、それが通用しない電話だと

何を言っているのか全然わからなかった!)

 

・お店での注文のやり取りもスムーズにできるようになった

 

・翻訳アプリを使わずに友達とチャット

(学生の頃は英語専攻だったにも関わらず

文章を書くことも自信がなくて、翻訳機能で訳されためちゃくちゃな文章(当時は間違ってるのかもわかっていない)をそのままコピぺしていました。)

 

・emailでフォーマルな文章も打てるようになった

 

・現地の人と会話、世間話

 

・字幕なしで映画やドラマを観れるようになった

(内容理解度はジャンルによるけど・・・ディズニーはわかりやすい!)

 

・映画の英語字幕を付けたらほぼ内容がわかる

 

youtubeでよく見る大好きなハリウッド女優やシンガーのインタビュー動画も

字幕なしで聞き取れるようになった。

 

・洋楽も歌詞を聞き取れるようになった

(以前はまったく聞き取れなかった。)

 

・どこのファームに行っても、

英語が苦手な日本人への通訳をお願いされるようになった

(以前は逆で、英語が得意な人に頼りっぱなしだった。)

 

・外国人の友達がたくさんできた

(日本にいたときは外国人の友達は2人しかいませんでした)

 

・外国人との共同生活

 

・外国人と喧嘩(笑)

 

・冗談を言い合えるようになった

 

・真面目な話、いろいろな相談もできるようになった

 

・いろいろな相談をされるようにもなった

 

・一丁前に愚痴や文句も言えるようになった(笑)

 

・辞書を使わずに話せるようになった

(でも、わからなかった単語は家で毎日調べてる)

 

・1人でお店にて現地の携帯電話を契約

 

・1人で銀行窓口にて銀行口座開設

 

・レンタカーを借りる

 

・現地の美容室に行って、現地の美容師さんと会話

 

・現地で運転免許証をつくる

 

・現地の人しかいないヨガ教室に通う(ニュージーランドワーホリにて。)

 

・現地のインターネットのサイトや記事、

海外のインスタグラマーの英語の長文投稿も

翻訳機能を使わずにほぼ理解できるようになった

 

 

 

これらはすべて、ワーホリをして、できるようになったことたち。

前はまったくできなかったことたち。

成長したな〜。

 

できるようになったこと、まだまだあると思う。

思いついたのはこんな感じです。 

  

 

 

私ってまだまだダメじゃん( ;  ; )

前よりレベルアップしてると思ってたのに・・・

全然ダメじゃん!!!( ;  ; )

って思うときはたまにあるんだけど(笑)

 

こうして振り返ると

できるようになってることが多くて

少しずつだけど確実に英語力は上がっているんだな!って思える。

 

 

ワーホリ中、上手く話せなくて悩むことってたくさんあると思います。

私も今でも悩みます。

 

「あれ・・・これってなんて言うんだっけ?!単語がわからん!!!」は

ほぼ毎日あって(笑)

ほぼ毎日スマホの辞書を使って調べてます。

こんなに調べてるのに、”わからない”は出てくる出てくる。

 

言えるようになった単語やフレーズは確実に増えてるけど

わからない・知らない単語やフレーズはまだまだあるから困ったものだ^^;

 

 

 

私もまだまだ!頑張ります。

いつかはビジネスでも英語を使いこなせるようになりたい!!

 

ご参考になったらうれしいです^^

お読みいただきありがとうございました。 

 

シェアハウスでの生活

こんにちは!

バンダバーグに来て1ヶ月経過。

今はトマトファームで働いています!たまにズッキーニ。

ファームジョブはもうすっかりプロフェッショナル。笑

筋肉がついたのか、自分で言うのもなんだけどたくましくなりました。

 

 

 

今日はシェアハウスでの生活について書こうと思います☺︎

私は、シェアハウス暮らしが好きです^^

f:id:nami-k:20180817152623j:image
カブルチャーに住んでいたときはよくみんなでご飯をシェアして

食事の時間も楽しく過ごしていました^^


 

ニュージーランドワーホリ最初の1ヶ月間のホームステイを経てからは

オーストラリアでもずーっとシェアハウス暮らしをしています。

 

 

日本にいた頃は

学生の頃はずっと実家暮らし

社会人になってからはずっと一人暮らし。

 

だから、共同生活に慣れていなくて

シェアハウスとか、、無理っっ!!!

って思っていました。

 

気を使うだろうし

1人の時間がないなんて絶対に無理( ;  ; )って。

 

 

ところがなんと

今ではすっかりシェアハウスでの生活が気に入ってしまって

 

もし日本に完全帰国したら

日本でもシェアハウスに住んでもいいかも〜、なんて思っています。

 

 

 

シェアハウスの住人は多国籍!

 

みんな違う国で育ったからお国柄もあるけど

一人一人 性格や価値観はもちろん異なります。

 

だから、びっくりすることイライラすること困ったことも

いろいろあるけれど(笑)

 

シェアハウスでの暮らしは楽しい!! 

 

 

 

ニュージーランドにいたときは

日本人しかいないシェアハウスに住んだことがあって

そのときは日本語しか話していませんでした。

 

安心感があるし、言葉に困ることはないし、日本人のお家は綺麗だし

それはそれでいいんだけど

 

せっかく海外に来ているんだしワーホリしてるんだし・・・ 

 

おすすめはやはり

日本人以外のインターナショナルな人たちと

暮らすことです!

 

 

日本人との暮らしも楽しいけど

オーストラリアでは日本人の友達の方が少ないかも?

だから、今は英語で話す時間の方が長いです!

 

それもあってニュージーランドにいたときよりも

会話力は上がっているように感じます。

逆に発音は前より気にしなくなって、下手になってる気がするけど

(前は上手と言われていたのに今ではジャパニーズアクセント丸出しです 笑)

話し続ける力はつきました。

 

最初は、あまり英語が聞き取れない・話せなかったハウスメイトたちも

一緒に住んでいるうちにスラスラ話せるようになっていました。

  

彼らが勉強している姿は全然見なかったけど(笑)

テキストで黙々と勉強というよりは

話すことって英語上達の近道なんだな!!って感じました。

 

 

 

多国籍な友達、ハウスメイトや仕事仲間からは

彼らの文化や、おいしい!と思った食事のレシピを教えてもらったり

話していて、一緒に暮らしていてとっても面白いです^^

 

 

ファーム生活のシェアハウス暮らしは特に楽しい!

みんなセカンドビザのために来ているというのもあって

ハウスメイトたちはみんなファーム目的。

(ファームで88日以上(約3ヶ月)働くことをメインに来ている人が多いです)

 

だから入れ替わりは激しいけど

ワーホリで来ている人ばかりで年齢も近い^^

 

起きる時間も寝る時間も働くのも

行動もほぼ一緒。

 

 

カブルチャーにいたときは

シェアハウスはアジア人だらけ。

日本、韓国、香港、台湾人。

ウルグアイ人も1人住んでいたことがあったんだけど

アジア人しかいなかったから来たときはびっくりした!)

 

買い物も 仕事も 休みの日に出かけるときも

常にみんなと一緒だったから

 

みんなと本当に仲が良くて

みんなのことが大好きで

素のままの自分でいられて

毎日毎日本当に楽しかった^^

 

 

 

私はもともと

学生時代や社会人になっても集団行動が苦手でした。今でも得意ではないけど。

  

彼らと住んでいたときは

1人の時間よりもみんなと過ごす時間が楽しすぎて

共同スペースにいる時間の方が長かったと思います。

 

f:id:nami-k:20180817153043j:image 

ご飯つくるの面倒くさいね〜というときはみんなでピザやチキンを買ったり。

休みの前日夜はよくパーティーをしていました。仲が良すぎて毎回全員参加という!笑

 

 

飲み会とかパーティーについては、

私はさわぐのはあまり好きじゃないけど

彼らとのパーティーは本当に楽しくて大好きでした。

うるさいのも苦手だけど、彼らとは一緒にワイワイさわいでいた自分。

(どうやら人によるようだ)

 

日本にいたときは

付き合いが悪いと思われたくなくて

行きたくない飲み会にも参加したりしてたときもあったけど

 

パーティーとか、参加してもしなくても自由だし

参加したくなければみんな普通に「私は今回はいいや〜」って言います^^

私も。それでいい。

参加したら思いっきり楽しめばいい!

 

幸い、「パーティーばっかりでうるさいよ〜(*_*)」

なんて言う人がいなかったから

(みんな進んでパーティーに参加する人ばかりだった。そして途中退場も自由。笑)

 

楽しく騒ぐことができる仲間に出会えて

本当に仲間運がいいな、と思います^^

 

韓国の飲み会ゲームが楽しすぎて

シェアハウスで仲間たちとお酒を飲むときは

いつもそれをやっていました。笑

 

ファームの仕事が終わって家に帰ったら

みんなでUNOしたり、おしゃべりしたり

いつもお腹が痛くなるくらい笑っていました。

 

仕事中もいつも話しながらふざけながら働いてて、ときには助け合って

ラズベリーファームではお互いにベリーを投げつけまくっていたのが懐かしい。笑

そして食べまくる。(ファームのボス、ごめんなさい)

 

このことは前に書いたことがあるけど

毎日仕事中も楽しすぎて笑ってたので、話したことがなかった人に

「君っていつも幸せそうだよねー!!」

って言われることもありました^^

 

 

私ってこんなにワイワイするの好きだったっけ?

と、以前の自分からしたら信じられない!

 

 

当初は

”セカンドビザ取得条件のファーム88日以上(約3ヶ月)勤務が終了したら

とっととカブルチャーを脱出しよう!”

と思っていたのに

 

彼らとの生活が楽しすぎて

途中、全然ファームで稼げなくなったのにも関わらず

(週100ドルしか稼げないときもありました。笑)

彼らと離れる選択肢がなくて

 

予定よりも2ヶ月伸びて

約5ヶ月、カブルチャーに長居してしまったのでした。笑

 

 

  

今いるバンダバーグのシェアハウスでは

日本、韓国、香港、フランス、ベルギー、マレーシア人

と一緒に住んでいます。

多国籍なこの生活も新鮮!

 

ファームではイタリア人など

ヨーロピアンが多くてこれまた新鮮で楽しい^^


f:id:nami-k:20180817153028j:image

みんながつくるご飯っておいしい。。みんな料理上手!

 

  

今のハウスメイトでもある

カブルチャーから一緒に来た香港ガールズ2人と韓国ボーイ1人とは

 

カブルチャーのシェアハウスのときから3ヶ月間一緒にいるから仲が良くて

彼らには素で言いたい放題ですが

 

他のハウスメイトたちとはまだそれほど親しくなくて

まだ心の距離があります。

(私が心を開ききれていないというのもある 笑)

  

だから、今はおとなしく過ごしていますが

ショッピングセンターが近くにあって、行動範囲が広がって

カブルチャーにいたときとは違った楽しさはあります^^

 

 

 

シェアハウスっていいな〜と思えたのは やはり

外国人の友達ができるし

お互いの国の文化を知れたり

いろいろな人の価値観や考え方を知って自分もそれに影響を受けて

自分自身が変わったり

とにかく英語を話せて 英語が上達すること!

 

あくまで私の意見ですが。

 

ワーホリならではの、海外のシェアハウス暮らしは貴重な経験!

 

 

 

シェアハウスの良さ、伝わったかな?

またいろいろ書いていきますね!

お読みいただきありがとうございました☺︎

 

闘う、ぶつかる、向き合うワーホリ。自分の意見をはっきりと言うようになった

お久しぶりです!!相変わらずのファームライフです^^

 

私は中国人や台湾人に間違われることが多く、

この間、現地の人に中国語で話しかけられました。

「あ、日本人だったのね!中国語勉強中だから話しかけてみたの!」って。

フレンドリーだな〜、明るいな〜、オージー

と思ったこの頃☺︎


f:id:nami-k:20180815181317j:image

  

さて本題!

 

ワーホリをしてから、

自分の意見を良くも悪くも

はっきりと言うようになりました。

 

 

日本語では意見を遠回しに言ったり気を使ったりするけど

まだまだ英語が使いこなせていないため

 

遠回しの言い方だときちんと伝わらないから

思ったことはかなりストレートな言葉で伝えます。

 

 

 

ときどき、言いすぎたかな?

嫌われたかな?

って思うこともあるんだけど

 

私は、ぶつかった人ほど仲良くなる傾向があります。笑

 

 

ストレートに伝える分

私に跳ね返ってくる言葉の威力が大きいときもあり、

傷つくこともあります。

 

私は、そのリスクがありながらも

たとえ自分が傷つくこともあろうとも

ストレートに伝えることをやめません。

 

傷つくのは一時的だから!

 

自分の意見を伝えることで

相手に初めて自分の気持ちがしっかりと伝わるから!

 

 

自分から何も伝えなければ

相手も私が何を考えているかなんてわからないし

相手が何を考えているかもわからない。

 

何を考えているのかわからない、という人がいるならば

自分から「私はこう思っている」というように意見を言うか

相手にどう思っているのかストレートに聞きます。

 

そうすると、相手が思っていることを言ってくれる

ということがよくありました 。

 

これは、29年間生きてきてやっと^^;

ワーホリをしてから学んだこと。

 

 

「この人は何でわかってくれないのだろう」

 

そのように感じることは

日本でもたびたびありましたが

 

心の中で思うだけで

言葉で相手に何も伝えていなかったな、と今は思います。

 

 

 

海外生活をして感じるのは

 

言葉ではっきりと伝えることの重要性

うなずいているだけではダメだということ。

 

英語が上手に話せないとナメられるし嘲笑される

アジア人、日本人というだけでナメられる

ということもあること。

ありました、そんなこと。

 

 

ワーホリ中、

日本では出会ったことがないタイプの人に出会うことが多く

みんなそれぞれ性格も価値観も違うから

 

正直に言うと

悶々とすることもすごくあります。

  

シェアハウスでの共同生活は特に!

テラスハウス(好きな番組。Netflixでよく見ています)みたいに

楽しいこともあれば嫌になることも・・・いろいろあります。

もうリアル テラスハウス!笑

  

 

 

何に対しても大事だな、と思うのは

思ったことや気になったことはきちんと伝えること

です。 

 

無駄に言い返したりすることはなるべく避けるけど

どうしても納得がいかないときや不快に感じたときは、

嫌だと思ったことも伝えます。

 

今後お互いがもっとハッピーになるために、 

嫌だと感じることも相手に伝えることは

私にとっては必要な過程だと思っています。

(そういうときってお互いに気分が悪くなるけど、一時的だから!)

 

あなたのこういうところ、すごいと思う!とか 

良いことももちろん伝えます!

 

 

 

喧嘩とまではいかないけど

ワーホリ中、今までいろいろな人と

闘い、ぶつかり、向き合ってきました。

 

20代前半までは特に

本音とか言いたいこともあまり言えなかった私。

そんな私からしたら大した変わりよう!

(ワーホリ中、自分自身の変化にびっくりすることも多い)

  

もういろいろあったので

あえて顔に出すという、何も言わずとも表情で訴える技も身に付きましたが。笑

 

 

 

いじってくる人に。度が過ぎていると感じたときに。

「もうやめてほしい」

 

耐えられないくらいうるさいハウスメイトに。  

「静かにしてほしい」

 

くすくす笑う人に。

「何かおかしいと思うなら直接言ってほしい」

 

揚げ足をとるような言い方をする人に。

「別におかしくなくない?」

 

いつも真顔でジロジロ見てくるハウスメイトに。

気色悪いと感じるレベルに達したため

「ジロジロ見ないでほしい。本当に嫌だ。」

 

 

すべて、私が発言したことです。

友人や仕事仲間など。 

いろいろ闘ってきました。笑

 

わかってもらえるように

実際には言葉を付け加えて伝えていますが

 

言い方はかなりストレートなので

嫌われるかと思いきや

その後逆に、さらに仲良くなることが多いです。

 

 

 

こんな感じで、今ではもう言いたい放題。

(もちろん、言葉は選ぶけど)

 

それで嫌われてもいいと思っています。

嫌われたらもう仕方ない。

 

 

”好きな人たちや

私のことを大切に思ってくれる人たちをもっと大切にしよう” と

いろいろな人と向き合ってきたからこそ

気付いたこともありました。

  

  

こんな考え方をする人もいるのか!

と感心したり、がっかりすることも多々あるワーホリですが 笑

 

もし日本にいたら、ワーホリをしなかったら

こういった気付きはなかったな

と思います。

 

 

 

日本人含め、良くも悪くもクレイジーな人は

たくさんいるので

 

今後も新たな闘いがあることでしょう。笑 

以上!お読みいただきありがとうございました☺︎

 

私はたくさんの人に助けられている。

こんにちは。

住み慣れたカブルチャーを離れて

今はバンダバーグというところにいます!

 

f:id:nami-k:20180718161239j:image
いつも空が綺麗。高い建物がないから空が広い!

 

 

タイトル通りですが、私はたくさんの人に助けられています。

というより、みんなが助けてくれる。

 

ニュージーランドにいたときも

オーストラリアでも。

何回Thank youを言ったことか。

 

 

まず、はじめに結論を言うと

誰かからの助けや優しさは素直に受け取ろう

助けてくれた人には感謝の気持ちを持とう・必ずお礼を言おう

です。

 

(優しい人と思いきや超嫌な人にも出会いました。要注意!笑

そんな人は相手にしなくていい。)

 

そうすると、なんと、助けや優しさは連鎖する!

100%とはもちろん言えないけど…

良いことも連鎖するようになるということを言いたい!

私はワーホリ中、本当にたくさんの人に助けてもらっています( ;  ; )

 

助けや優しさ受け取り上手になったのか

オーストラリアでは家探しや仕事探し

ありがたいことにあまり頑張ることなく

うまく事が進んでいます。

ありがたいことに、シェアハウスでも良い人に囲まれていたり。

 


f:id:nami-k:20180718161836j:image

毎日笑顔で言われるのも周りの人たちのおかげ 。

 

 

友人たちにも本当に感謝しています。

 

約半年住んだ、馴れ親しんだカブルチャーのシェアハウスでのこと。

 

大好きなハウスメイトたちに会いに

メルボルンから徐々にカブルチャーに戻ってきて

 

彼らが先に出て行ってバンダバーグへ行ったので

私も彼らを追うことに。

 

私も行きたいな!みんなに会いたいよ〜

6月末くらいにバンダバーグ行けそう!

と、彼らに言っていたものの

まだ少し迷いがあったのもあり、

80%確定くらいの気持ちで彼らに伝えていたから

具体的な日にちを決めていなくて

 

そしてやっと1ヶ月前にバンダバーグ行きを決断し

彼らに連絡をしたところ

 

”家やファームに空きがない”ということで

一緒に住めず働けもしないということが発覚しました。笑

 

 

連絡するのが遅すぎた。完全なる準備不足!

  

もしかして私と一緒に住みたくも働きたくもないのかな〜(T ▽T)

なんて嫌な妄想もしたり。笑

(でも、しょっちゅう遊びに誘ってくれたり連絡くれるから

本当に空きがなかったんだと思う。(だと思いたい)

ファームの空きがないというのは謎だけど。笑)

 

 

 

正直に言うとバンダバーグという場所自体に興味がなかったから

こんなんじゃバンダバーグに行く意味あるのかなぁ・・・

私、どうすればいいんだ。。

って思っていました。

  

そんなときに

ラズベリーファームで出会った

マレーシア人の友人が連絡をくれたのです。

 

彼は妻子持ちで年上で、私の良きアドバイザー。

客観的で的確な意見をくれるので、何かあったときによく相談をします。

(不倫ではありません。笑)

どんなときも、なぜだかものすごく良いタイミングで連絡をくれる。

 

彼には何も言ってなかったんだけど

タイミング良すぎ!!

 

真摯に話を聞いてくれて

こんなことがあったんだよ〜と言ったら

なんと、今住んでいるシェアハウスとファームを紹介してくれたのです。

 

なんて、なんて、、優しいの(涙)

 

彼にはたくさん助けてもらっていて

本当に感謝しています。

 

 

  

そしてカブルチャーからバンダバーグへ移動する際

ワーホリ中初めての旅仲間ができたんです。

RPGゲームでいうと期間限定キャラ的な。笑

 

彼らは

一時帰国後カブルチャーのシェアハウスに戻ったときの

新メンバーたち。(新ハウスメイト)

 

 

f:id:nami-k:20180718160823j:image

韓国人の男の子、香港の女の子たち。みんな明るくて話好きでいい子たち! 

 

 

彼らにも本当に感謝しています。

ここでも同じシェアハウスに住み、同じファームで働いています。

楽しい!

 

特にその中の1人韓国人の男の子と仲が良くて

彼が車を持っていて

バンダバーグまで3時間かけて運転してくれました。

 

いつも私のことを姉のように慕ってくれている(と思いたい)彼。

日本語を少し話せて

ナミサ〜〜ン っていつも話しかけてくるかわいい奴め。

 

私が落ち込んだとき部屋にこもっていたとき

出てくるまでリビングで待っていた彼(T ^ T)

泣きそうになったよ。かわいい奴め!

 

 

バンダバーグに行くよって、話をしたら

「お金やばいから、稼ぎに僕も行きたい!!」って言われて

 

えー、じゃあ一緒に行く??

 

 

というわけで、一緒に行くことになり

「ナミサン本当にありがとう」

と、彼にはすごく感謝されて、それにすごく感動した( ;  ; )

彼女でもないのに、料理してると手伝ってくれたりします。

 

ちなみに彼はハウスメイトである香港の女の子の彼女をゲットし

晴れて彼らはカップルに。今月ほやほや!

(ちなみに毎日のように彼から恋愛相談を受けていた。困った奴め笑)

彼女たちも一緒に来ることになりました。

香港の女の子たちは仲良し友達同士で、2人でワーホリに来ているんです^^

 

彼女たちも本当に優しくて

よくご飯をつくってくれたり

いつも笑顔で私を癒してくれる(T ^ T)

 

単独行動が好きだけど、仲間っていいなって思えました。

いつも本当にありがとう。

 

 

 

さらに何が言いたいかというと

ワーホリ中に出会う人たちは

見返りを求めない優しさをくれる人が多い

ということ。国籍は関係ない。

 

 

ニュージーランドでも

家探しや仕事探しを助けてくれたり

スーツケースを持って移動するときは男女関わらずみんな手伝ってくれたり

道に迷ったときは話しかけてくれて助けてくれたり

 

ましてやニュージーランド滞在中に

オーストラリアの家や仕事を紹介してくれた人もいたり 涙

 

 

オーストラリアでも

荷物運び、家探し仕事探し

ファームの仕事中、自分のお金にならないにも関わらず

私を手伝ってくれた人たち

他のファームを私のために紹介してくれた子も何人かいました。

それに合わせてシェアハウスまで。

 

紹介して〜 とか頼んでないんです。

(追い込まれたときは頼んだけど。笑)

みんな、自ら!!( ;  ; )

見返りを求めない優しさ。

 

私を助けてくれた方たちには本当に感謝していて

たくさんの優しさを受け取ったことにより

私も前よりも人の気持ちを理解しようとするようになったり

優しくなったような気がします。(だといいな)

 

 

私も誰かを助ける存在になれたらいいな。

 

 

お読みいただきありがとうございました!

ではまた☺︎