海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

海外旅行が大好き!海外に恋して、お休みを使って年に1回行くことが人生で唯一の楽しみだった普通の女の子。27歳でついに転機が訪れた!フィリピンで語学留学、ニュージーランドワーキングホリデーへ。夢は「スケールの大きい人生を送ること」と、大好きな英語を使って世界で活躍できる女性になること。留学・ワーホリのこと、海外生活など書きます^^

シェアハウスでの生活

こんにちは!

バンダバーグに来て1ヶ月経過。

今はトマトファームで働いています!たまにズッキーニ。

ファームジョブはもうすっかりプロフェッショナル。笑

筋肉がついたのか、自分で言うのもなんだけどたくましくなりました。

 

 

 

今日はシェアハウスでの生活について書こうと思います☺︎

私は、シェアハウス暮らしが好きです^^

f:id:nami-k:20180817152623j:image
カブルチャーに住んでいたときはよくみんなでご飯をシェアして

食事の時間も楽しく過ごしていました^^


 

ニュージーランドワーホリ最初の1ヶ月間のホームステイを経てからは

オーストラリアでもずーっとシェアハウス暮らしをしています。

 

 

日本にいた頃は

学生の頃はずっと実家暮らし

社会人になってからはずっと一人暮らし。

 

だから、共同生活に慣れていなくて

シェアハウスとか、、無理っっ!!!

って思っていました。

 

気を使うだろうし

1人の時間がないなんて絶対に無理( ;  ; )って。

 

 

ところがなんと

今ではすっかりシェアハウスでの生活が気に入ってしまって

 

もし日本に完全帰国したら

日本でもシェアハウスに住んでもいいかも〜、なんて思っています。

 

 

 

シェアハウスの住人は多国籍!

 

みんな違う国で育ったからお国柄もあるけど

一人一人 性格や価値観はもちろん異なります。

 

だから、びっくりすることイライラすること困ったことも

いろいろあるけれど(笑)

 

シェアハウスでの暮らしは楽しい!! 

 

 

 

ニュージーランドにいたときは

日本人しかいないシェアハウスに住んだことがあって

そのときは日本語しか話していませんでした。

 

安心感があるし、言葉に困ることはないし、日本人のお家は綺麗だし

それはそれでいいんだけど

 

せっかく海外に来ているんだしワーホリしてるんだし・・・ 

 

おすすめはやはり

日本人以外のインターナショナルな人たちと

暮らすことです!

 

 

日本人との暮らしも楽しいけど

オーストラリアでは日本人の友達の方が少ないかも?

だから、今は英語で話す時間の方が長いです!

 

それもあってニュージーランドにいたときよりも

会話力は上がっているように感じます。

逆に発音は前より気にしなくなって、下手になってる気がするけど

(前は上手と言われていたのに今ではジャパニーズアクセント丸出しです 笑)

話し続ける力はつきました。

 

最初は、あまり英語が聞き取れない・話せなかったハウスメイトたちも

一緒に住んでいるうちにスラスラ話せるようになっていました。

  

彼らが勉強している姿は全然見なかったけど(笑)

テキストで黙々と勉強というよりは

話すことって英語上達の近道なんだな!!って感じました。

 

 

 

多国籍な友達、ハウスメイトや仕事仲間からは

彼らの文化や、おいしい!と思った食事のレシピを教えてもらったり

話していて、一緒に暮らしていてとっても面白いです^^

 

 

ファーム生活のシェアハウス暮らしは特に楽しい!

みんなセカンドビザのために来ているというのもあって

ハウスメイトたちはみんなファーム目的。

(ファームで88日以上(約3ヶ月)働くことをメインに来ている人が多いです)

 

だから入れ替わりは激しいけど

ワーホリで来ている人ばかりで年齢も近い^^

 

起きる時間も寝る時間も働くのも

行動もほぼ一緒。

 

 

カブルチャーにいたときは

シェアハウスはアジア人だらけ。

日本、韓国、香港、台湾人。

ウルグアイ人も1人住んでいたことがあったんだけど

アジア人しかいなかったから来たときはびっくりした!)

 

買い物も 仕事も 休みの日に出かけるときも

常にみんなと一緒だったから

 

みんなと本当に仲が良くて

みんなのことが大好きで

素のままの自分でいられて

毎日毎日本当に楽しかった^^

 

 

 

私はもともと

学生時代や社会人になっても集団行動が苦手でした。今でも得意ではないけど。

  

彼らと住んでいたときは

1人の時間よりもみんなと過ごす時間が楽しすぎて

共同スペースにいる時間の方が長かったと思います。

 

f:id:nami-k:20180817153043j:image 

ご飯つくるの面倒くさいね〜というときはみんなでピザやチキンを買ったり。

休みの前日夜はよくパーティーをしていました。仲が良すぎて毎回全員参加という!笑

 

 

飲み会とかパーティーについては、

私はさわぐのはあまり好きじゃないけど

彼らとのパーティーは本当に楽しくて大好きでした。

うるさいのも苦手だけど、彼らとは一緒にワイワイさわいでいた自分。

(どうやら人によるようだ)

 

日本にいたときは

付き合いが悪いと思われたくなくて

行きたくない飲み会にも参加したりしてたときもあったけど

 

パーティーとか、参加してもしなくても自由だし

参加したくなければみんな普通に「私は今回はいいや〜」って言います^^

私も。それでいい。

参加したら思いっきり楽しめばいい!

 

幸い、「パーティーばっかりでうるさいよ〜(*_*)」

なんて言う人がいなかったから

(みんな進んでパーティーに参加する人ばかりだった。そして途中退場も自由。笑)

 

楽しく騒ぐことができる仲間に出会えて

本当に仲間運がいいな、と思います^^

 

韓国の飲み会ゲームが楽しすぎて

シェアハウスで仲間たちとお酒を飲むときは

いつもそれをやっていました。笑

 

ファームの仕事が終わって家に帰ったら

みんなでUNOしたり、おしゃべりしたり

いつもお腹が痛くなるくらい笑っていました。

 

仕事中もいつも話しながらふざけながら働いてて、ときには助け合って

ラズベリーファームではお互いにベリーを投げつけまくっていたのが懐かしい。笑

そして食べまくる。(ファームのボス、ごめんなさい)

 

このことは前に書いたことがあるけど

毎日仕事中も楽しすぎて笑ってたので、話したことがなかった人に

「君っていつも幸せそうだよねー!!」

って言われることもありました^^

 

 

私ってこんなにワイワイするの好きだったっけ?

と、以前の自分からしたら信じられない!

 

 

当初は

”セカンドビザ取得条件のファーム88日以上(約3ヶ月)勤務が終了したら

とっととカブルチャーを脱出しよう!”

と思っていたのに

 

彼らとの生活が楽しすぎて

途中、全然ファームで稼げなくなったのにも関わらず

(週100ドルしか稼げないときもありました。笑)

彼らと離れる選択肢がなくて

 

予定よりも2ヶ月伸びて

約5ヶ月、カブルチャーに長居してしまったのでした。笑

 

 

  

今いるバンダバーグのシェアハウスでは

日本、韓国、香港、フランス、ベルギー、マレーシア人

と一緒に住んでいます。

多国籍なこの生活も新鮮!

 

ファームではイタリア人など

ヨーロピアンが多くてこれまた新鮮で楽しい^^


f:id:nami-k:20180817153028j:image

みんながつくるご飯っておいしい。。みんな料理上手!

 

  

今のハウスメイトでもある

カブルチャーから一緒に来た香港ガールズ2人と韓国ボーイ1人とは

 

カブルチャーのシェアハウスのときから3ヶ月間一緒にいるから仲が良くて

彼らには素で言いたい放題ですが

 

他のハウスメイトたちとはまだそれほど親しくなくて

まだ心の距離があります。

(私が心を開ききれていないというのもある 笑)

  

だから、今はおとなしく過ごしていますが

ショッピングセンターが近くにあって、行動範囲が広がって

カブルチャーにいたときとは違った楽しさはあります^^

 

 

 

シェアハウスっていいな〜と思えたのは やはり

外国人の友達ができるし

お互いの国の文化を知れたり

いろいろな人の価値観や考え方を知って自分もそれに影響を受けて

自分自身が変わったり

とにかく英語を話せて 英語が上達すること!

 

あくまで私の意見ですが。

 

ワーホリならではの、海外のシェアハウス暮らしは貴重な経験!

 

 

 

シェアハウスの良さ、伝わったかな?

またいろいろ書いていきますね!

お読みいただきありがとうございました☺︎