海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

海外旅行が大好き!海外に恋して、お休みを使って年に1回行くことが人生で唯一の楽しみだった普通の女の子。27歳でついに転機が訪れた!フィリピンで語学留学、ニュージーランドワーキングホリデーへ。夢は「スケールの大きい人生を送ること」と、大好きな英語を使って世界で活躍できる女性になること。留学・ワーホリのこと、海外生活など書きます^^

ワーホリが親孝行に?それがきっかけで家族との関係性が変わった

こんばんは。お久しぶりです。

そういえば、このブログをはじめて1年が経ちました。

あの頃はまだ会社員だったなぁ。

読んでくれている方、本当にありがとうございます!!

 

そして、先週ついに家族がニュージーランドに遊びに来ました。

10ヶ月ぶりの再会。

一緒に車で南島を旅行してきました^^

ドライブ、最高に楽しかった! 

 
f:id:nami-k:20171017163850j:image
そういえばブログではかなりお久しぶりの顔登場かも。私は元気です*\(^o^)/*

 

 

今日は思い切って家族の話をします!

 

実は、

ワーホリに行くことがきっかけで家族関係が変化しました。

変化した、と思う。

 

もともと、家族とは仲よし♩とは言い難い関係性でした(^^; 

 

 

 

ちなみに遡ること1年半前、家族に初めて

”海外留学をすること・ワーキングホリデーをすること”を伝えました。

《そのときのお話はこちら》

私の留学・ワーホリ宣言に対しての初めの家族の反応はこうだった。「日本にいた方が絶対いい」 - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

 

 私の場合は、完全に「行く!」と決断した後。

誰に反対されても揺るがない気持ちの状態になってから報告。

  

その当時のそれぞれの反応はこんな感じ 

父→「 日本にいた方が絶対にいい…絶対に帰ってこい!永住はするな!」

母→ 不安そうな表情「ナミちゃんのことだから止めたって行くでしょう?」

妹→「へぇ〜」興味なし

兄→ 3年前は反対してたのに、それから一変して「いいんじゃない?」の一言

 

  

妹はさて置き(笑)

こんな感じで、私の揺るがない気持ちを察して

両親は寂しそうにしながらも

家族みんなGOサインを出してくれました。

  

そして、先週ついに、

妹は仕事があって来れなかったんだけど

父、母、兄 がニュージーランドにやって来たわけです^^

 

たまに家族にテレビ電話をしたりして

スマホの画面上で顔は見てたんだけど

このときをすっごく楽しみにしてくれていて

 

たぶん、私に会いに行くことと同じくらい

もしかしたらそれ以上に(笑)

海外旅行というかニュージーランドを観光することを

心待ちにしてくれていたような気がしました。

 

父は楽しみすぎて

「会社でビッグサイズの手作り地図を作ってきた」

と言ってそれを持ってきてました。(仕事してくれ笑)

写真撮り忘れた!

 

両親が海外旅行をするのは新婚旅行以来。

30数年前かな?

ちょっとは親孝行になったかな?

 

 

  

私の家庭は決して裕福ではなくて

私たち兄妹みんな高校受験に失敗し(父さん母さんごめん)

私立の高校に通わせてもらって大学にも行かせてもらって

両親にお金のことではかなり苦労させてしまっていました。

 

気付くの遅いけど

社会人になってからすごくありがたみを感じた。

 

 

父は会社員、母は専業主婦。

 

実はその当時、両親は喧嘩が絶えませんでした。

2人が揃う家の中の雰囲気は最悪でした。

 

帰りたくないと何度思ったことか。 

喧嘩してほしくなくて

何度無理に笑って、楽しい話をして気を紛らわそうとしたことか。

 

 

私が社会人になってからは学費などのお金の負担も減り

2人の喧嘩はだいぶ落ち着いたけど

今度は私と母の関係が一時期 険悪になりました(^^;

 

母とは考え方・価値観がまったく合わなくて、ぶつかることばかり。

互いの価値観を押しつけ合ってた感じかな。

どちらかというと、考え方に関しては父と私は似ている。

 

もちろん、本心は仲よくしたいって思ってたから

3年前だったかな、当時大好きだった絢香のライブに一緒に行こうと

勇気を出して誘って仲直りを試みたけど

ライブ会場であった武道館で、まさかの大喧嘩をしたことは今でも忘れられません。笑 

 

 

 

いろいろあったけど

私が留学・ワーホリをすると決めて

 

1年は日本に帰らないだろうし

喧嘩して「お母さん嫌い!」って思うときはあっても

しばらく日本を離れて心配なのはやっぱり家族。

 

すごく反省し後悔し

特に、母を傷つけてしまったことに罪悪感を感じ

「もっと家族を大切にしなきゃな…」って思ったのです。

 

それからはイラっとすることがあっても、すぐに感情を言葉にせず

まずはグッと抑えるようにしています。笑

 
f:id:nami-k:20171017163946j:image

母とは今では喧嘩なし!仲よし!

小さくて見えづらいですが、右手に持っているのはクイーンズタウンでゲットした

キウイ(NZの国鳥)のぬいぐるみです。 笑

 

 

それで1年半前の5月

父、母 と3人で初めて家族会議。 

 

母にはすでに伝えてたけど

父の前で初めて「フィリピン留学・ニュージーランドワーホリします」宣言。

 

私は、私がニュージーランドに行ったあとのことがすごく心配だった… 

私がいない間、また喧嘩するんじゃないか

またお互いを傷つけ合う言葉をぶつけ合うんじゃないかって。

 

間に入ってなだめるのは私の役目だったから。

兄妹で今実家にいるのは妹だけだから、妹のためにも。

 

 

だから、今まで怖くて触れることができなかった

両親の喧嘩についても、

今まで喧嘩を見るのも家にいるのも辛かったことや

傷つけ合わないでほしいという本心をぶつけてみたんです。

 

両親は私の気持ちをわかってくれたし

お互いの本心を初めてちゃんと話してくれました。

 

互いに勝手に相手を悪者にして

言葉で互いを傷つけあうだけで何も解決もせず

それで何度も喧嘩を繰り返してたんだと思います。

 

 

 

今もたまに夫婦喧嘩はしているだろうけど、

シリアスな喧嘩はもうなさそう。

 

テレビ電話して両親2人が一緒に画面に映ったとき

とても仲よさそうに

ニュージーランド、楽しみにしているからね」と言ってくれて

すごく安心したな^^

 

家族がニュージーランドにいた間

喧嘩は一度もなかったし!

 

たぶん、2人とも私が伝えたことを

心の片隅には置いてくれてるんだと思います。

 

今では家族関係は良好です。

すごく幸せです。


f:id:nami-k:20171017164058j:image

  

だから、ある意味私にとって、 

留学・ワーホリをすることが

家族関係を変えるきっかけ。

 

思い切って、自分が本心をぶつけたことで

両親それぞれの本心も知ることができたから。

 

 

ワーホリ前に

” 一番どうにかしたいと思っていたこと”

それは私にとっては家族だった。

 

それに向き合うことをすごく恐れていたけど、

自ら投げかけてみて本当によかったと思います。

 

 

家族にはとても感謝しています。

誰よりも私を応援してくれるし何があっても味方でいてくれる

今では、家族みんなは私の応援団長です!

 

  

日本に帰らずオーストラリアでワーホリすることも

みんながニュージーランドに来たときに伝えることができました。

 

父は以前は

「絶対に帰ってこい!日本の方がいいに決まってる」って言ってたのに

 

今回はというと

「ぇえ?じゃあ来年はオーストラリアに行くか」と

帰ってこい!発言は一切なく、反応が大した変わりよう。笑

 

私に会いに行くついでに

海外を観光することをとても楽しみにしているようです^^

 

 

 

だから、いろんな意味で

ワーホリは私の転機なんです。

 

もし、皆さんの中で

”一番どうにかしたいと思っていること”が

私と同じように家族であるなら

 

自分の本心を思い切ってぶつけてみてもいいんじゃないかな?

って思います。

 

ワーホリには行きたいけど家族のことで悩んでいる友人がいたので、

これはその子にも言いたかったことでもある。

 

 

「ワーホリに行きたい!」など、なんでもいいから

自分の気持ちを伝えることが転機になるはず。

思っていたのと違った(良い)反応が返ってくることもあるから。

 

何も伝えないまま、「反対される」とか思い込んだまま

ワーホリとかやりたいことを諦めることになるなんて 

後から後悔することの方が絶対辛いと思うんです。

 

 

あぁ、もうどうやってこの記事を締めくくっていいのかわかりません。汗

ただ、たった一人でいいから、誰かに響けばいいなと思っています^^