読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

海外旅行が大好き!海外に恋して、お休みを使って年に1回行くことが人生で唯一の楽しみだった普通の女の子。27歳でついに転機が訪れた!フィリピンで語学留学、ニュージーランドワーキングホリデーへ。夢は「スケールの大きい人生を送ること」と、大好きな英語を使って世界で活躍できる女性になること。留学・ワーホリのこと、海外生活など書きます^^

NZに来てから変わった物事への考え方 ①日本食レストランで働くことについての偏見

⭐︎ニュージーランドライフ

ニュージーランドに来てから変わったことシリーズ》

NZに来てから変わった物事への考え方 ②小さな幸せを感じることが増えた。値段で価値を決めなくなった。 - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

 

こんばんは!

f:id:nami-k:20170228162015j:image

この間、年1回の”JAPAN DAY”というイベントが開催されていました^^

こんなにオークランドに日本人がいたんだ!ってくらい日本人だらけ。

 

 

ニュージーランドでの仕事がやっっっと決まり

カフェと日本食レストランをいきなり掛け持ちすることになった私。

 

日本食レストランは今週末から。

カフェでの仕事は昨日から始まったんですが、楽しい!!

もう早速コーヒーをつくらせてもらっています。コーヒーつくりがまた楽しい!!!

(まだまだへたくそだから先輩にはかなり手を焼かせている。笑)

 

そしてお客さんの英語がたまに聞き取れないから、お客さんが来るたびにドキドキ。

(トレーナーの先輩の英語も聞き取れなくてしょっちゅう聞き返しちゃう。先輩ごめん)

 

今日はashtray(アッシュトレイ=灰皿)があるか聞かれて、単語を知らなくて3回くらい聞き返してしまった(^^;

日本人だったら高確率で嫌な顔をされるところ(笑)

お客さんはマダムだったんだけど嫌な顔せず( ;  ; )やさしい。

 

長く頑張りたいな!!

 

 

 

今日は私がニュージーランドに来てから変わったことについてお話します。

それは物事への考え方。

 

 

 

今回お話するのは

【日本食レストラン(以下ジャパレス)で働くことについて】

※ワーホリの人たちは皆、ジャパニーズレストランを略してジャパレスと言う。

 

 

私は、日本にいたときやニュージーランドに来てからも先月までは

「絶対にジャパレスで働きたくない」

って思っていました。

 

 

なぜなら

 

ジャパレス

=職場には日本人しかいない

=日本語しか使わない

=ということは英語が上達しない

=お客さんも日本人ばかり

 

って思ってたから。

たぶん同じように思っている人はいるんじゃないかな?

 

 

実際にオークランド内で行ったジャパレスやラーメン屋さんも

たまたまなのか日本人客をけっこう見たから

なおさら「ここ」で働きたくないと思いました。(友人にもそう話していた私。)

 

 

でも、ジャパレスで働く友人に話を聞いたり、視野を広げて考えてみたら

少しづつ考え方が変わってきて…

 

 

 

まず

「ここは日本ではない」

ということをちゃんと認識し直した。

 

 

 

私の2つ目の仕事、これから働くジャパレスも

従業員は半分はニュージーランド

お客さんも日本人はまれ(これもお店によるけれど)だと聞いて

 

 

”ジャパレスも十分に英語を上達させられる場”

だということを感じました。

 

 

確かに、日本人の従業員とは日本語

だけどお客さんとは英語

 

英語を上達させたければ

積極的にお客さんとコミュニケーションを取ればいい

だけの話だと!

 

 

そして

”日本食を通して日本の良さを海外に伝えられるじゃないか!”

とも思うように。

 

バリスタのスキルも学んだし、最初はカフェだけで働きたいと思ってたけど

そういう考え方に変わったら

「ジャパレスも楽しそう!」「やってみたい!」って思うようになった^^


f:id:nami-k:20170228162121j:image
 

実は、今働いているところではない違うカフェからも運よく電話が来たんです。

フルタイムで働けるという話だったし、そのカフェ1本で働けるチャンスだった。

 

でも、

”カフェにこだわっていたけど、私って将来バリスタになりたいんだっけ?”

って自分に問いかけたら答えは「NO」

 

日本に帰ってからもこれからもずーっとこの仕事をやりたい!という情熱はまだない。

いろんな経験がしたいんだった。

 

こんな経験も大してないようなペーペーな私に声をかけてくれたカフェは

本格的なバリスタになるにはビッグなチャンスだったけど、散々悩んで断りました。

(たった4日前の出来事。思わぬチャンスが舞い込んだから、本当に超悩み苦しみました。笑

もう掛け持ちするって決めて、ジャパレスの仕事が決まったも同然なタイミングだったから(^^;)

 

 

いろいろあったけどこの選択に後悔はなく、これからがとっても楽しみ^^

2つの職業を一気に体験できるなんて!

 

 

 

最後に、仕事探しをしていたときの話を。

 

CVを配って仕事をゲットするために

約30件のカフェをまわり、ジャパレスをまわったのはたったの3件。

実は、そのうち3件中2件落ちました。笑

 

先日の記事の最後の方に

【NZワーホリ】仕事探しどうしてる?経験談。せっかくの採用を蹴った話も。 - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ

ジャパレスにCVを1件だけ出しに行ったという話をちらっと書いたのですが

実は、落ちたのです。(←2回目。笑)

(なので、これから働くのは他のジャパレス。)

 

 

落ちた1件目は高級日本食レストラン。

高級だからか高い英語力を求められました。

 

CVを出しに行った後、お店からメールで連絡をもらって

英語力はどのくらいか?を問われて

中級(intermediate)だと答えたら

「それでは厳しいと思います。」とバッサリ。メールで。(怖かった〜(^^;)

  

2件目は英語力はそんなに求められなかったけど

週2,3日勤務のカフェでの仕事が決まって

フルで働けないから(掛け持ちダメ)という理由でフラれました( ;  ; )

 

 

正直にいって

ジャパレスだったらどこでも英語力については多めに見てもらえると思っていた。

 

ジャパレスさえ落ちる私って… て思ったし

完全にナメていた。

(これから仕事探しを考えている方に不安にさせるような書き方をしてしまいましたが大丈夫。仕事を探すことを諦めなければ遅かれ早かれ仕事は見つかります!

英語力ありなしがすべてではない。)

 
f:id:nami-k:20170228162152j:image

意外だと言われるがビールが好き。晴れの日、なんでも話せる友達がいて、最高の気分転換!

  

これからどうなっていくのかな?

また考えが変わってくるのかな?

 

変わったらまたそのときに考えよう。臨機応変に。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

ではまた☺︎ 

 

ニュージーランドに来てから変わったことシリーズ》

NZに来てから変わった物事への考え方 ②小さな幸せを感じることが増えた。値段で価値を決めなくなった。 - 海外に行ってみた。27歳で留学。NZワーホリへ